特集コラム
2019/07/11

あなたはどのタイプ?JALが提案するハワイの新しい旅スタイル4つを解説!

5
572 views
クリップ

2019年2月、JALのハワイ線は就航65周年を迎えました。

かつて「一生に一度は行ってみたい夢の島」だったハワイは、今では年間約158万人もの日本人が訪れる場所に!

今回は、JALが提案する新しいハワイでの過ごし方や旅のスタイルについて、JALの国際線路線担当の阿部さん、宣伝担当の上野さん、セールスプランニング担当の中路さんの3名にお話を伺いました。

左からJAL中路さん、阿部さん、上野さん

コンドミニアムや一軒家など多彩な物件に滞在して、暮らすように旅をする

ーーJALは新しいハワイでの過ごし方として、4つのスタイルを提案されていますね!具体的にどのようなものなのでしょうか

上野:1つめは、ハワイの自然を満喫する滞在スタイルです。「Nature Retreat」と名付けました。火山や海といったハワイの自然を体感できるアクティビティはたくさんあると思うのですが、なかでも自信を持っておすすめしたいのが、ハワイ島でのグランピングです。

こちらは、JAL便をご利用のお客さまで、『ウェスティン ハプナ ビーチ リゾート』もしくは『マウナケア ビーチ ホテル』にご宿泊の方限定のサービスです。
ハワイ産の食材を使ったBBQや焚火によるコナコーヒー焙煎を楽しんだり、満点の星空を眺めて癒されたり。ハワイ島ならでの大自然を味わえるグランピングは、一生の思い出に残る、最高の体験になるのではないでしょうか?

中路:2つめは、暮らすように旅するスタイル「Living Traveler」。

JALは世界最大級のバケーションレンタルサイト『HomeAway』とパートナーシップを結びました。この提携によって、コンドミニアムや別荘など、ホテル以外の物件にも手軽に泊まれるようになったんです。

©2019 HomeAway. All rights reserved.

私もこの前、早速体験してきました。暮らすように旅をするのは、家族や親しい友人と過ごすには最高に楽しく、リラックスできるスタイルだと感じました。

中路:3つめのスタイルは旅で美しく、健康になる「Travel Wellness」。

JALのマイルで、ハワイでしか体験できないウェルネスアクティビティをご利用いただけるハワイアクティビティ特典をご用意しました。 ヨガやスキューバダイビングなどのハワイ現地(オアフ島・ハワイ島)ならではのアクティビティを気軽にお楽しみいただけます。

ハワイは1年を通じて寒暖差があまりなく、さわやかな気候ですから、スポーツを楽しむにはうってつけの場所です。

旅と合わせて、JALが長年にわたり協賛しているホノルルマラソンなど、各種スポーツイベントに参加してみてはいかがでしょうか。

今年の『JALホノルルマラソン』は2019年12月8日に開催します。ホノルルで一緒に走りませんか?JAL便をご利用いただくと、素敵な特典がたくさん!

■JALで行くホノルルマラソン

■JALホノルルマラソン2019ツアー

「ワーケーション」で働き方も自由にする旅を

阿部:最後、4つめにご提案するスタイルは、「Flexible Worker」です。

働き方が多様化している今、「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた「ワーケーション」が注目されています。これは主に旅先で仕事をする意味で使われる言葉です。

JALでは、8泊以上を対象にしたお得な航空券や、5泊以上を対象にした特典付きのJAL海外ダイナミックパッケージを提供するほか、JALのマイルをつかってコワーキングスペースを利用するプランなどをご提案しています。

家族との時間も大切にしながら仕事にも取り組む、オンとオフをどちらも大切にしたいお客さまをサポートしたいという想いがあります。

ーーどれも魅力的な滞在スタイルですが、特に「暮らすように旅をする」や「働き方も自由にする旅」は、最近の旅のトレンドですよね!

上野:そうですね。ハワイでの過ごし方は以前と比べても多様化していて、まさに十人十色です。
特にミレニアル世代の方々は、情報感度がとても高い世代ですから、JALを選んでいただけるようトレンドに合わせたご提案をしたいと思っています。

阿部:昔に比べて気軽に旅に行けるようになったからこそ、旅のスタイルが多様化してきているのだと思います。

お客さまのニーズの変化から、「暮らすように旅をする」「働き方も自由にする旅」といった選択肢が出てきたのではないでしょうか。

JAL HAWAIIの新しいコンセプト「Style yourself ~JAL HAWAII~」には、観光だけではない、ハワイでの時間を通して心も体ももっと豊かになる旅をご紹介していきたいという想いを込めています。

バーチャルツアーで自分にあった旅スタイルを見つける

ーー旅との新しい出会い方・選び方を提案する『JAL xR Traveler』とはどのようなものですか?

中路:ハワイでのさまざまな過ごし方を体験できるバーチャルツアーです。見るだけ、聞くだけではなく、嗅覚や触覚をも使ったVRで、より没入感のある体験を実現しました。『JAL xR Traveler』を通じて、ご自身にあった旅のスタイルを見つけてもらえるのではないかなと考えています。

また、日経イノベーション・ラボの協力で、現地ツアーなどの旅の体験を購入できるスマート自動販売機『JAL体験販売機』も合わせて開発しました。

自動販売機のパネルに表示される、好みの現地体験を選び商品のQRコードを読み取れば、その場で体験のネット購入ができます!
7/20(土)にイオン成田店、7/21(日)にイオン川口前川店で開催予定のJALイベントにて『JAL xR Traveler』と『JAL体験販売機』を実際に体験頂けますので、是非お越しください!

『JAL体験販売機』を体験できるイベントはこちら

ご紹介した「Nature Retreat」「Living Traveler」「Travel Wellness」「Flexible Worker」という、新しい4つのハワイ旅のスタイル。皆さんはどのスタイルが気になりましたか?

ぜひハッシュタグ「#JALハワイ」をつけて、コメント欄で教えてください!

50件の「いいね!」がありました。
50件の「いいね!」がありました。
5件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • のんびりハワイを楽しみたい✨
    まだ行ったことのないハワイ島で自然を満喫したい❗️
    私の希望は #Nature Retreat スタイル

    ハワイといえばホノルルのイメージが強く、ツアーでも行きやすいので今まではホノルルへの旅ばかりでした✈️

    直行便の就航で行きやすくなったので、次はJALでハワイ島を目指したいです🌴

    賑やかな街なみも素敵ですが、静かな時間と自然を楽しむ旅をしてみたいです⛺️

    #Style yourself
    #JAL HAWAII
  • ハプナのグランピングは、情報が出た時から気になってます。子供がもう少し大きくなったらチャレンジする予定でいます♡コナ直行便、ずっと運行していますように…。
    ハワイ島、のんびりできて大好きです❤️

    だから、仕事はしたくない。。。
    けど、そもそも仕事の概念が今後は変わりそうですし、Flexible Workerは、子供が大きくなる頃には主流になってそうだなー。

    私は俄然、Living Traveler派です。
    子供できてからコンドミニアム最強と実感してます。次はHomeAway、使ってみます!!!

    #JALハワイ
  • 我が家は、JALさんで6回ほどハワイを訪れましたが一回の旅行で最高10泊しかしていないのでLiving Travelerをしたいですね。マリオットのコオリナに宿泊して、自炊もしてたので😆
    いつかは1カ月くらいはハワイに滞在したいな😆できれば、3カ月ハワイ、3カ月日本みたいな生活が😆
  • #JALハワイ #LiveingTravler 希望。

    冒頭のコメント、、、
    『2019年2月、JALのハワイ線は就航65周年を迎えました。
    かつて「一生に一度は行ってみたい夢の島」だったハワイは、今では年間約158万人もの日本人が訪れる場所に!』

    ラジオ番組のJET STREAMのCMで山下達郎さんのイメージソングと共に流れています、、、

    聞くたびに何度か訪れたハワイを思い出します。
    特にハワイ島で、野生のイルカ🐬とスキンダイビングで一緒に泳いだり、マウナケア山頂の風景、満点の星空、遺跡のあるビーチ、放牧場、火山、色々な砂の名前がついたビーチ、、、

    次回は長く滞在して暮らすように旅したいです❣️
  • 私はまだハワイは未体験なんですが
    「Living Traveler」。の旅行が憧れますね。
    ハワイを、あじわってみたいですね。#JALハワイ