特集コラム
2019/12/23

ツウが教える!6つのポイントでグッと楽しく♡「JAL工場見学~SKY MUSEUM~」Discova会員限定イベント体験レポ

15
345 views
クリップ

2019年11月9日、日ごろからDiscovaを盛り上げてくれている会員さんをお招きし、工場見学イベントを開催いたしました!

今回のレポートでは「JAL工場見学~SKY MUSEUM~」の目玉コンテンツである格納庫見学にスポットをあて、6つの見どころをご紹介していきます♪

工場見学に何度も足を運んでくださっているリピーターの方が語るおすすめポイントは必見です!

イベント開始!

飛行機好き&旅好きが集った会場は、イベント開催前からすでにアットホームな雰囲気♪

まずはDiscova編集部から皆さんにご挨拶させていただきます。
Discova編集部のクロちゃんは司会を担当、同じく編集部のTommyは熱いコメントを残しました。
「この季節の格納庫は寒いですが、皆さんのアツい想いで温めてください!」

工場見学に応募いただいた理由や、見学にかける意気込みを会員さんに聞いてみました。

工場見学にいらしたのは、今日が初めてというこちらの親子。
お子さまは大の鉄道コンテナ好きだそうですが、お父さんは飛行機がお好きとのこと。

「間近で見たらそのスケールの大きさに、息子も飛行機に興味をもってくれるんじゃないかなと思って参加しました」

格納庫見学が楽しみですね。

「実は今日、誕生日なんです」というしろたんが似合う彼女は3回目の参加だそう。

イベント当選&お誕生日おめでとうございます!イベント参加のお目当てを尋ねると、
「格納庫見学です!飛行機が近くで見られるのが楽しみ!」と答えてくれました♪

格納庫見学の前に、JALのサービスや歴史について詳しく知ることができる展示エリアを見学できます。客室乗務員やパイロットの制服を着れたり、コックピットに座れたりと体験型コンテンツも満載!

続いて、航空教室で飛行機が飛ぶ仕組みや羽田空港について学びます。

広さは東京ドームのグラウンド部分の約3倍!迫力の格納庫見学

格納庫見学の時間は約40分間。

案内を受けながら、飛行機を上から見渡せる「第一格納庫」と、連絡通路をわたり、もっと飛行機を間近で見ることができる「第二格納庫」を見学します!

この日の案内人は、国際線CAを務めていた森さん。CAさんのほかに、元パイロットやベテラン整備士が案内役につくこともあるそうです。

見学ポイント1:とにかく近い!!

第二格納庫では、整備士さんと同じ目線で飛行機を見ることができます。
こんなに至近距離で飛行機を見る機会、なかなかありませんよね!

工場見学、初参加の方に格納庫に入った感想を聞いてみました。

「乗るときと格納庫で見るのとでは、大きさの感じ方が違うのが不思議です。この迫力が味わえるのは工場見学ならではかも!」

見学ポイント2:本物そっくり!整備士お手製ボーイング777ラジコン

第一格納庫の見学スペースの片隅で存在感を発揮しているのが、ボーイング777のラジコン!ジェットエンジンがついていて、実際に飛ばせるそうです。

初めて飛ばしたボーイング777はこのラジコンだそうで、本当の初号機はこれかもしれません!

見学ポイント3:どの飛行機と会えるかは行ってみてのお楽しみ

工場見学リピーターの方は「今日はどの飛行機に会えるかな」と、毎回楽しみなのだとか。
第一格納庫には3機まで、第二格納庫には5機まで入るため、整備を受けている飛行機が多ければ多いほど、たくさんの種類の飛行機を一度に見ることができます♪

この日はなんと偶然、JALの新型機エアバスA350の3号機が格納庫に!!
会員さんたちからどっと歓声が上がりました♪

「この前、A350に乗りました!席に取りつけられた個人モニターではエンタメが充実していたし、心なしか機内の乾燥も気になりませんでした。話題の機体をこんなに間近で見られるなんて、今日はラッキーです♪」

見学ポイント4:着陸の瞬間を見守れる

次々と着陸する飛行機を見ることができる第二格納庫は、絶好のフォトスポット!

「キャプテンもこの時間帯は見学者がいるとわかっているので、きっと緊張してると思いますよ」という森さんの言葉に笑いがおこります。

「雨の日は滑らないように、あえてドンっと力強く着陸することがあります。揺れるのはパイロットの腕のせいじゃないんですよ!」と豆知識も教えてくれました。

見学ポイント5:季節と時間帯によって表情が変わる

「工場見学におすすめの時間帯は、冬は夕方の最終回(16:00〜17:40)で夏は午前中のいちばん早い回(10:00〜11:40)です!」
と語ってくれたのは、これまで20回以上、工場見学に参加してくださっている超リピーター会員さん(Discovaアンバサダー)。理由を尋ねると、

「冬は夕日が沈んでいく時間帯、夕景のなかを飛ぶ飛行機が見られます。夏の午前中は飛行機が順光で撮影できるから、写真を撮るのにもってこいなんですよ!」
と教えてくれました♪

これからお申し込みをされる方は参考にしてみてはいかがでしょうか!?

見学ポイント6:飛行機をレアなアングルで撮れるマル秘撮影スポット!

ここでしか撮ることのできない飛行機の姿をおさめようと、カメラをもって工場見学に参加される方も。そこで飛行機撮影がお得意なDiscovaアンバサダーに、とっておきのスポットを教えてもらいました。

「第二格納庫のいちばん奥に飛行機が入っているときは、その機体の真正面まで行き、地面すれすれのところでカメラを構えます。飛行機の真下から撮ったような、変わったアングルで撮影できますよ!」

記念撮影の合言葉は「ひこうきー!」

Discova会員さんと編集部メンバーで記念写真をパシャり!

また、Discova主催イベント恒例のお土産も!!

今回お渡ししたのは、スマホリングとエアバスA350のクリアファイル、ミニチュア飛行機、そしてDiscova編集部から心を込めた手書きのメッセージカードです。

イベントを終えた皆さんに印象に残ったお話や見学の感想を聞いてみました!

上の写真のお二人からは「格納庫がいちばん見応えがありました!1秒間にエンジンが吸い込む空気の量が25mプール5杯分と聞いてびっくりしました!」とコメントをいただきました。

親子で初参加だったお二人は「A350のグリーンが見れたのがよかった!」と嬉しそう。

広島からいらしたアンバサダーの男性は「大満足でした!整備場にいる飛行機はそのときどきで違うので、ぜひまた参加したいです」と次回参加の意気込みまで話してくれました♪

今回も大盛況のうちに幕を閉じたDiscovaイベント。皆さんありがとうございました。
これからもDiscovaをよろしくお願いいたします♪

110件の「いいね!」がありました。
110件の「いいね!」がありました。
15件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 当日、子供と参加したものです。体験レポート楽しく読みました。
    ラジコンが実際動くとは本当に驚きでした。そしてA350の遭遇は驚きました。来年の沖縄旅行で乗ることを企んでいます。

    取材お疲れ様でした!
    このような素敵な記事があるとあの日の出来事が楽しく想い出されます。
  • 遅刻して事務局の皆様にご迷惑をおかけしたなか、色んな話をお聞かせ頂きありがとうございます。
  • 何回行っても楽しめる、格納庫見学ですよね⤴️
    毎回、違う風景や機材が見れますし😃
    何回も行きたいです‼️
  • >見学ポイント6:飛行機をレアなアングルで撮れるマル秘撮影スポット!

    私が参加した回では、メンテナンス中の飛行機そっちのけで、珍しい飛来機の撮影大会になることもありました。(笑)
  • 冬の最終回にレアなスポットで撮影したい!ナイスな役立つ情報ありがとうございます😊
  • こちらこそ、楽しい時間をありがとうございました!
    当日は、皆さんの情熱で寒さを感じませんでした。
  • レポ、ありがとうございます! 皆さん、楽しそう! 見ている私もハッピーな気分になります(^^)
  • 一昨日も最終の16時からのに参加してきました。16時の会は、2月で一旦終わりのようですね…
    夕暮れの川崎の工場や富士山と着陸機…とても良い組み合わせなんですけどね…
    土曜日は、天候悪かったので、以前に行った時のを載せます
  • すごく皆さん楽しそうでうらやましいです💕
    なんとA350のグリーン‼️ 間近で見てみたいです。
  • さたまんちゅさん、
    Discovaのモデルさん?(笑)