JALトーク
搭乗日
2019年07月

包まれ! モフモフ 国内線クラス別ブランケット選手権

私は冷房に弱く、さっそく夏風邪をひき、
回復したと思ったら、8月も中盤に差しかかっていました。
男性ですが、冷えには敏感です。(笑)

国内線ですと、ついつい夏場は長袖を忘れてしまうのですが、
半袖のままだと、機内で肌寒いと感じることも少なくありません。

そんな時の強い味方が「ブランケット」。
今回は、JAL国内線の、クラス別のブランケットの違いを明らかにしてみたいと思います。


●普通席
生地成分:モダクリル繊維 100%
デザイン性(主観):C
あたたかみ(主観):C

化学繊維のブランケットです。
軽さ追求し、保温性のあるアクリル系繊維ですから、ブランケットにぴったりの素材。
その反面、静電気が起こりやすいデメイリットがあります。


●クラスJ
生地成分:テンセル 45%、レーヨン 45%、ウール 10%
デザイン性(主観):A
あたたかみ(主観):B

再生繊維が主体となってくるため、肌触りや風合いアップしています。
さらにウールも入り、普通席よりもよりゴージャスなブランケットと言えるでしょう。


●ファースト
生地成分:ウール 100%
デザイン性(主観):B
あたたかみ(主観):A

羊の毛、泣く子も黙る天然繊維100%です。
静電気も起こりにくく(ただ、機内は特殊環境ですので、起こってしまうのですが)、あたたかい。


断然、包まるならファーストのものですが、
私は、赤が上品なクラスJのブランケットが、デザインとして好きです。

ブランケットに身を委ね、
機内でのひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。


最近、間違えて、なんでも家に持ち帰っちゃう人もいるみたいですが、
さすがにこれは引きますよ、1フライトごとに洗濯するわけじゃないでしょう?
未使用ならともかく()。

#ブランケットは数に限りがあります
#あなたのオススメブランケットは?
#オークションで見た
普通席 ブランケット
クラスJ ブランケット。これ、デザインがカッコいいですよね。
ファーストクラス ブランケット
普通席 ブランケット
クラスJ ブランケット。これ、デザインがカッコいいですよね。
ファーストクラス ブランケット
フライト情報
搭乗日
2019年07月
便名
JAL511
クラス
国内線--クラスJ
時間
昼便
いいね! 役にたった 知らなかった
5
クリップ
20件の「いいね!」がありました。
全20件の「いいね!」がありました。
  • 18
  • 2
  • 0
コメント
5件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
機内サービスのJALトーク
ATR-42の旅
地元の伊丹空港で見かけるATR機が可愛くて、一度乗ってみたいなーと思っていました。 路線を調べたら、但馬空港の他には離島へ就航していることが分かり、さらにJALパックでは離島を乗り継ぐアイランドホッピングツアーがあるじゃないですか! ということで、まだ行ったことのない離島へも行けるツアーに申し込み、奄美大島、屋久島、喜界島、沖永良部島、久米島、etc…旅しました。 小型機は揺れる? という心配もなく、遊覧飛行のように景色がよく見えます。シートの座り心地も良くて、快適な空の旅を楽しめます。 ちょっとフライトスケジュールが慌ただしい面もあるのですが、色々お気軽に行ってみたい派にはオススメのツアー。気に入ったところへは後日にゆっくり再訪というのも良いですよ。
aym.air
約18時間前
鶴空
パスポートなどなど盗難に見舞われたパリ旅行でしたが、総合的にとっても楽しく、海外旅行好きは変わらなし! 帰りの飛行機では、JAL限定焼酎を父のお土産に購入。ほんとはスコッチ好きの父ですが、最近は自宅にウイスキーが大量にあると聞き、こちらにしました。 お酒は飲めない私ですが、この見た目が大好きです。
おちゃんぽん
2019/08/12
300円
夏のJTAでは、このWATTAが、おつまみとおしぼりついて300円の破格で楽しめます。
JAL姫
2019/08/10