ハッシュタグ
<
#その他ラウンジ
253件
JALトークに投稿しました
ラウンジに置いてあるオーケストラ人形は整備士さんの手作りです!!
いつも気になって写真は撮っていましたが、受付前に置いてあることが多く、なかなか説明文まで落ちついて読むことができませんでした。 ここで、この愛くるしい人形についての説明文を転写させて頂きます!! 次回、どこかで見かけましたら、是非、じっくりと見てみてください。 【航空機のジェットエンジンの部品がその役割を終えた後、JALグループの整備士たちの手によって、再びジャズ・オーケストラ人形として蘇りました。 頭は軸受けペアリングの球、胴はタービンブレード、腕は溶接棒、足はボルトから成り、楽器もまた、エンジン部品から制作しております。更にステージは、整備士がもっとも気を使う部品の1つである高圧圧縮機のチタニウム製のディスクを4分の1にカットしたものです。一体ずつ手作業により丹精こめて製作した人形は、ひとつひとつ表情が異なり、まさに世界にひとつだけの逸品です。大空に奏でる心の間奏曲とともにお届けします。 製作:株式会社JALエンジニアリング エンジン整備センター】
6 コメント
JALトークに投稿しました
01月18日 09:40
回顧編【ウィルのマイル旅】バースデーフライトはインターFで✈
空想九州旅行していましたが、 やっぱり、インターFに乗りたくなりました。 笑( ;∀;) 多分、自分の人生の中で、 最初で最後でしょうけど、2019年は、 赤F4回、青F1回と、都合5回も、 ファーストクラスに搭乗したので、記憶が鮮明です。 ※4回はNY線、1回はSFO線 まるで、自分が、 中世の王侯貴族になったみたいな、 醒めて欲しくない、夢のひととき。。。 😍 そのスタートは、1月末の06便、 1月生まれの自分が狙っていた、 バースデーフライト(もどき)。 笑😝 一昨年までは、 インターが成田発ばかりだったので、 この時は、羽田Fカウンターデビュー戦。 羽田キャセイラウンジ、 JALファーストクラスラウンジも、 ドキドキ💓のデビュー戦でした。 ラウンジを堪能し、 GSさんからメッセージもいただき、 いよいよ搭乗、しっかりお手ふりして、テイクオフ。 ニューヨークへの、 楽しいフライトが始まりました。 😎 #ウィルのマイル旅 #国際線ファーストクラスに乗ろう #月イチJAL活 #JAL活 #ニューヨーク  #201901ニューヨーク06回顧編1
9 コメント
JALトークに投稿しました
01月15日 22:04
初の「搭乗不可の危機」回避及びグランドスタッフの方々のホスピタリティ
成田→桃園に際し、テンションが上がり過ぎたのか、寝不足かは分かりませんが、偏頭痛持ちの妻が体調不良になりました。 微熱(咳は無く、37℃を切ってはいましたが)も有り、規程上と思われますが、発熱した🥵人間は搭乗出来ないため、初の「搭乗不可」の可能性が…。 ピンチです。 ラウンジに入る際、仮眠室の利用をお願い致しましたが、残念ながら満室。 しかし、空いた場合には、最優先で入室させて頂けるとのことで、ラウンジ内で待っていました。 妻が仮眠室に入室した後、この後どうなるか分からず、ラウンジの窓から着陸を1時間以上、ぼんやり眺めていました。 行けなくなった時の心の予防線を探していました…。 「お土産買うのとか、面倒くさいし…。」⇄「いや、これじゃ全然穴埋め出来ない!」 という「病みメンタループ」に陥っていました。 そんな時、思い出しました。 「そうだ、靴磨こう👞」 以前、お金を払って靴を磨き、国内線ファーストクラスに乗れた事もあり、靴磨きでの気分転換を図りました。 すると、妻は回復し、「お寿司が食べたい🍣」ということで、サクララウンジまで迎えに行くことに。 サクララウンジのスタッフの方に話して、お寿司に向かう。 すると、お寿司までの経路上で、既にファースト側のスタッフがお出迎え&「話は伺っております」との一言。 連携がハンパ無いです。 やはり、この空間は「one of them扱い」はされないと確信した瞬間です。凄いホスピタラティですね、。 お寿司🍣を一緒に食した後には、すっかり熱も下がり、晴れて桃園に向かえる事に。 お世話になったスタッフの方々へ挨拶回りをし、無事JAL809便へ搭乗させて頂きました。 スタッフの皆様、ありがとうございました。 #ファーストクラスラウンジ #サクララウンジ #旅写真 #グランドスタッフ #ホスピタリティ #初の搭乗不可? #グッズ磨きは幸運を呼ぶ
4 コメント
JALトークに投稿しました
01月08日 05:50
鶴亭【ウィル台湾へ】最強コンビとランデブー🍣
アドミラルズクラブを後にして、 いよいよJALファーストクラスラウンジへ。 2020年、 #初鶴亭 、、、 夢にまで見た、中トロ、ホッケ。。。 それを、財布を気にすることなく、 好きなだけ食べることができる、夢のような場所。 パラダーーーーーーイス‼️ 鶴亭。 さっき、 野菜とシャンパン頂いているので、 ココでは、高級寿司一択。 JAL’s table は、いただきません。 笑(°▽°) あれ、みんなの見てると、カレー🍛食べて、 ラーメン🍜食べて、寿司🍣食べて、、、 よく入るなあと感心します。機内食もあるのに。 自分は無理です。もう歳なんで。。。 限られた胃袋を、有効に使いたいな。 「今年もお世話になります」 鶴亭の職人さんにご挨拶してから、自席を確保。 戦闘体制を整えます。 まず、1回目は、通常のセット3カン。 中トロ、ホッケの昆布締め、玉子、 シャリは小さめ。 これだと、テーブル寂しいんで、 自分は1回の実食につき、2皿並べます。 なので、もう1回並んで、ホッケ3カン、シャリ小。 で、寿司に合わせたのは、 京都の純米大吟醸、廣戸川。 そして、実食‼️ まず、中トロ🍣、、、口の中に広がる上品な甘味、 トロが溶けていきます、、、ほぐれるシャリと、、、 一体となって、華麗な演奏を奏で出しました。。。 スペシャル‼️マイウーーーーーー‼️ もう死んでもイイ‼️、、、死にませんが(笑) 次は、お初のホッケの昆布締め🍣、、、 締めてあるので水っぽくなく、弾力がプリプリ、、、 凝縮された白身の旨味に、昆布がアクセント、、、 これぞ、まさにキングオブ白身。 マーーーベラーーーーース‼️ 1カン、1カン、味わいながら、 冷酒とガリで、清めながら、食しました。 バースデープレートの後にも、2セット。 時が止まったように感じた、 幸せなひとときでした。 😎 #JAL愛 #ウィル台湾へ #JAL活 #鶴亭 #サバンナ高橋と同じの食べた
13 コメント
もっと見る